接遇研修の形式と種類

外部の研修会社を利用する場合、インターネットを使って「接遇研修」を検索することが多いのではないでしょうか。
そうすると、研修会社によって様々な研修形式や研修名が表示されます。

公開セミナー、公開講座、オープンセミナー、講師派遣型研修、社員研修、コンサルティング etc
セミナーと講座と研修は違うの?研修とコンサルティングの違いとは?

これらの言葉の多くは研修会社のなかで使い分けている表現で、同じ意味を表す言葉もたくさんあります。
ここでは研修会社が提供しているサービスの違いについてお話していきます。

 研修会社によって異なるサービス名
 
研修とコンサルティングの違いについては「接遇研修とコンサルティングの違い」でご説明していますので、ここではコンサルティング以外の名称についてご説明していきます。

研修会社のサービスは「公開セミナー、公開講座、オープンセミナー、講師派遣型研修、社員研修」という様々な名称で表されています。
これらは研修の形式を表していて、研修の種類としては2つに分けることができます。

1.公開型研修
2.講師派遣型研修

セミナーも講座も研修も大きな違いはありませんが、セミナーと講座は公開型、研修は講師派遣型の形式でよく使われる言葉です。
ここでは「公開型研修」「講師派遣型研修」という表現で進めてまいります。

 公開型研修と講師派遣型研修の違い

会場は主催する会社の研修室やレンタル研修室を使用しますので、参加するスタッフは指定された会場で研修を受けることになります。
研修の時間は2時間、半日、終日、数日間など様々で、数万円×参加人数の費用を主催者に支払います。

研修プログラムは一律なので、お店ごとのオリジナリティを持たせることはできませんが、他のお店のスタッフと関わることでコミュニケーション力を磨けたり、緊張感を持って研修に臨めるというメリットがあります。
受講対象者が限られている場合、接遇に関する知識の習得という位置づけで行う場合、他店舗や他業種のスタッフとの関わりのなかで成長してほしいという場合は公開型研修が適しています。

ただし、最小遂行人数を設定している研修会社が多いため、申込者がその人数に満たなかった場合は開催を延期もしくは中止するという取り決めを行っているケースもありますので、この点も確認したうえで主催の会社を選ばれることをお勧めします。
主催している研修会社がプログラムをたくさん持っていて、過去の開催実績が豊富にある場合は予定通り開催に至るケースが多いように思います。

講師派遣型研修は講師がお店に伺って研修を行いますので、お店で実施ができない場合は別途会場を用意する必要があります。
研修プログラムも研修時間もオリジナルで作成ができるので、スタッフの現状や課題に合わせて企画担当者や講師としっかり打ち合わせをして企画をすることができます。

ほとんどの場合は参加人数に限らず一律の料金ですが、大人数での実施や複数日程での実施が必要になる場合などは費用が加算されることもあります。
お店全体の接遇力向上に取り組みたい場合、接遇トレーナーの育成をしたい場合、長期的な教育計画を検討している場合は講師派遣型研修が適しています。

上述の通り、最大のメリットはオリジナルのプログラムを実施できることです。
お店のなかで行うことでより実践的な内容となり習得度が上がりますので、可能であればお店で実施されることをお勧めします。

 まとめ

公開型研修のメリット

・他のお店のスタッフと関わることでコミュニケーション力を磨けたり、緊張感を持って臨める
・費用は参加した人数分のみ発生するので、少人数の場合はコストを抑えることができる

公開型研修のデメリット
・プログラムも研修内容も既に決まっているのでお店の現状や課題解決につながるとは限らない
・最低遂行人数に満たない場合は研修の開催が見送られる可能性もある

講師派遣型研修のメリット
・プログラムも研修内容もお店の現状に合わせたオリジナルの内容で実施ができる
・お店のなかで研修を行うことで、接客場面のイメージがつきやすく、研修で学んだことを現場に活かしやすい

講師派遣型研修のデメリット
・人数に関わらず一律の料金なので、少人数の場合はコストが高くなることがある
・お店での研修実施が難しい場合は別途会場を用意する必要がある

講師派遣型研修の場合は企画担当者がいろいろとヒアリングをした上で、お店の現状に合わせてプログラムを組んでくれるはずですので、問い合わせの前に以下の項目について幹部も交えて整理をしておかれると良いのではないでしょうか。

1.接遇研修を検討したきっかけ
2.オーナーが想う現状のお店の課題やスタッフたちの様子について
3.接遇研修を受けることでスタッフたちにどうなってほしいのか
4.接遇研修を受けることでどのようなお店になりたいのか
5.お客さまにどのような印象を持ってほしいのか

インターネット上には様々な情報があふれていますが、しっかり吟味していただいてあなたのお店に合った研修形式、研修会社を見つけてくださいね。

接遇研修の形式と種類 関連コラム
 ・研修会社の種類と選び方
 ・あなたのお店に合った接遇講師の選び方

 

«

»


PageTop