接客・接遇 マナー 研修 コンフォルト オフィシャルブログ

HOME >2015年1月

以前、大手レストランチェーンがテレビで特集されていました。

業態で言えばファミリーレストランですが
接遇面(料理、接客)のクオリティを上げて巻き返しを図ったお店です。

客単価も少しお高めなので大人向けのファミレスでしょうか。

このレストランでは各テーブルの呼び出しベルがありません。
「お客様に呼ばれる前に伺います」という姿勢の表れだそうです。

一つひとつのサービスにこだわりがあり素晴らしいのですが
これだけの店舗展開をしていると困難なのが「浸透」と「統一」です。

実際、私の事務所近くにある店舗ではほぼ気づいてくれません(笑)

お客様のなかに何も前情報がなかったとしたら・・・
ベルを置かない姿勢やたまに気づいてくれることを評価してくれます。

世間一般のファミリーレストランのイメージをもとに
それらのお店に比べて良いサービスを提供してくれていると感じます。

ただ、テレビなどで大々的に公表をした結果
お客様のなかの「当たり前ライン」がグググッと上がるわけです。

他のチェーン店と比べてレベルの高いサービスをしていたとしても
出来ていないこと(約束が違う)にフォーカスしてしまうものです。

プラスの行動があっという間にマイナスの評価を生み出してしまいます。

もちろん、全ての店舗の全てのスタッフのサービスレベルを
一気に引き上げるのは至難の業、というより不可能に近いと思います。

そこに各店舗の店長やSVが危機感を感じているかどうか。

ひとつの場所(本部)から全店舗を変えることは困難だったとしても
ひとりの店長やSVが自分たちのお店を変えることは難しくありません。

店長、SVが最大限に能力を発揮できる仕組みづくり。
どのような規模の会社でも変わらず、大きな課題ではないでしょうか。


a0001_011414.jpg



DSC00861.jpg


昨年末のお話ですが、住宅販売メーカーの店長研修にお招きいただき
ディズニー最恐のトレーナー町丸氏がトークライブショーを実施いたしました。

新しい社員が入社してもなかなか続かない、育たない・・・
そんなお悩みを解決すべく、今回も町丸節がさく裂いたしました!←スミマセン(笑)

2015年もパワフルなトークライブショーを展開してまいります。
ピリッと刺激的な講演をお求めのお客さまは是非お問い合わせください。




kid0040-009.jpg


皆さんのお店に妊婦さんが来店されたとしたら・・・
どのようなサービスを提供なさいますか??

お店としてルールを決めていらっしゃるでしょうか。

座りやすい席にご案内をしたり、
クッションをお持ちしたり、膝かけをご用意するなど。

これらのサービスは比較的多く受けることができました。

でも、妊婦を経験した私が一番欲しかったのは
「妊婦が控えている食材に対する知識」だったのです。

飲食店のホール、キッチンスタッフの皆さん。
妊娠中に控えたほうが良いと言われる食材をご存じですか?


 ★生の魚介類
 ★生肉
 ★マグロ
 ★生卵
 ★チーズ
 ★カフェイン


上記は代表的なものですが、
皆さんのお店のメニューと照らし合わせてみてください。

カルパッチョ、パテ、生ハム、チーズ、ハーブなど。
これらはイタリアンの前菜でよく出てくる食材ですね。

カフェイン飲料の代表格と言えばコーヒーです。
でも、紅茶の方が含まれるカフェイン量は多いらしいですよ。

緑茶も烏龍茶もココアにもカフェインが含まれています。

私は自分のなかで1日1杯はOKとしていましたが
ノンカフェインのものしか飲みたくない、という方もいます。

お店の業態に限らず、一種類だけ、少ない量でもいいので
ノンカフェインの飲み物を用意しておくと良いかもしれませんね。

食材に対する細かい知識が無かったとしても
心遣いのひと言があると一気にファンになっちゃいます。


 「控えていらっしゃる食材はお有りですか?」
 「よろしければ、ノンカフェイン珈琲をご用意いたしましょうか」


妊婦に限らず、食材に制限がある方は同じかもしれませんが
自分が経験してみないと分からないことってたくさんありますね。

あなたの目の前のお客様にとって嬉しいひと言とは何でしょう。

一人ひとりがそんなことを考えながら接客をするだけで
お客様にとって特別なサービスが提供できるかもしれませんね。


参考ページ


clinic.png

医療業界にもサービス力が求められるようになってきて
患者様の満足度を高め、選ばれるクリニックを作ることが必要になってきました。

年々、患者様の期待値は上がっていきます。
他のクリニックと比べるよりも、一般のサービス業の基準でご覧になっています。

そこで、コンフォルトの強みである接客サービス業界での実績をベースに
クリニック専門の接遇力向上プログラムをご用意いたしました!

患者様に接遇力で選ばれるクリニックを作りたいとお考えの院長先生。
私たちは、その想いを叶えるために二人三脚で歩んでいきたいと思っています。


クリニック接遇向上コンサルティング



当社のお客様のコリアンダイニング李朝園さまの十三店が
平成27年1月9日にリニューアルオープンなさいました!

昨年の火災から改装休業をなさっていたのですが
無事にオープンの日を迎えられたのでご紹介いたします。

サムギョプサルの食べ放題や飲み放題の焼き肉コースなど。
グランドメニューも益々パワーアップされたそうです。

お近くにお越しの方はぜひお立ち寄りくださいませ!!


コリアンダイニング李朝園 十三店

top.png


この度、株式会社コンフォルトのホームページをリニューアルしました!

皆さまと一緒に「お客様から接遇力で選ばれるお店づくり!」を目指すべく
結果(=接遇力向上)にフォーカスした研修プログラムをご用意しております。

接遇とは・・・
「お客様にとって快適な空間を提供し続けること」です。

コンフォルトがご提案する研修のキーワードは「浸透」と「継続」。
接遇力が全スタッフに浸透し、継続して実践できる仕組みを作りあげましょう!!


コンフォルトのホームページはこちらから↓

bijiness.jpg


もう4年ほどのおつき合いとなる会社様での接遇研修。
今回の対象者は本部の営業さん、事務員さんでした。

「顧客の期待以上の接遇を提供すること」をゴールとして
朝からみっちり6時間、皆さま熱心に参加してくださいました。

他にクリニック、薬局、高齢者住宅を運営なさっていて
全ての部門の方への研修とマニュアル制作を担当してます。

それぞれの部門のカラーがあって面白いです。
さすがは営業さん、ガンガン質問が飛び出してきました!

ひとつでもふたつでも。
明日からの接遇に活かしてくださると嬉しいです。


接遇・ビジネスマナー研修
 ●ビジネスに求められるマナーの考え方
 ●第一印象と五感の関係性
 ●言葉を「使う」から「遣う」へ
 ●おもてなしの気持ちを伝える訪問応対
 ●会社の看板として求められる電話応対

sensu1-1.jpg


明けましておめでとうございます。
皆さまはどのようなお正月を過ごされましたでしょうか?

元旦から2日にかけての雪はすごかったですね。
年末からの気温差で体調を崩されていませんでしょうか。

新しい年が明けて早5日。
あっという間に1ヶ月、1年が過ぎていきそうな気がしますね。

今年はホームページやサービス内容のリニューアルをして
より一層、皆さまのお役にたてるように精進してまいります。

本年も変わらぬおつき合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

2015年1月5日
接遇コンサルタント 磯貝和美

ご意見・お問い合わせはこちらから

株式会社 Confort (コンフォルト)

06-6450-9406

〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階

【オフィシャルホームページ】 接客・接遇 マナー 研修 ならコンフォルト

HOME >2015年1月

カレンダー

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク