接客・接遇 マナー 研修 コンフォルト オフィシャルブログ

HOME >05.接客・接遇のいろは> お客さまの視点で考えるということ

お客さまの視点で考えるということ


ファイル 2017-04-14 11 34 58.jpeg


こんにちは、接遇コンサルタントの磯貝和美です。

今日はカラッと晴れて気持ちがいいですね。
窓の外を眺めながら読書&ブログの更新をしてご機嫌です。


さて、こちらはあるスーパーの珈琲豆売り場で撮った写真。
自分で豆を量りいれて、その袋を止めるためのセロテープです。

このテープの左側にズラッと豆の容器が並んでいるので
限られたスペースの中でここしか置けなかったのかもしれません。

でもね、右側の壁にぺったりとつけられたこの状態。
右利きの私からすると壁が邪魔でセロテープが取りにくいんです。

お店で「モノ」を配置するときに「モノ」に意識がいくとこうなります。
「使うヒト」に意識を向けていたら、置く場所を変えるか置き方を変えるはずです。

これってどの業種でも、どの場面でも同じだと思うんですよね。

実際に使う人にとって使いやすい状態になっているかな。
お客さまが手に取りやすい状態になっているかな。

考えずに置かれたモノと考えて置いたモノの違いは一目瞭然。
ちょっとした気配りがお客さまの心に残るんですよね。

ほんの少し想像力を働かせるだけで結果は大きく変わります。
あなたのお店もお客さまの視点で見直してみてくださいね。



ご意見・お問い合わせはこちらから

株式会社 Confort (コンフォルト)

06-6450-9406

〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階

【オフィシャルホームページ】 接客・接遇 マナー 研修 ならコンフォルト

05.接客・接遇のいろはへ戻るHOMEへ戻る

HOME >05.接客・接遇のいろは> お客さまの視点で考えるということ

カレンダー

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク